ずーっと口の中が痛いんです・・。でも数年前に口腔外科で「舌痛症」の称号を頂いているので、この痛みが何なのか、そして舌に特段異常がないことも承知してる。


舌痛症と診断下された時、まだ自分を含め、世の中の誰しも「tekeさんは鉄欠乏性貧血です」と気づいていなかった。


なので子宮筋腫と貧血が発覚し鉄剤を処方された時、もしかしたらずーっと苦しめられている舌の痛み・口の中の痛みは鉄欠乏性貧血によるもんだったのか?それなら鉄剤で貧血改善したらよくなるかも!・・と、期待してみたけど甘かった。


ていうか子宮筋腫とったら治まるかも!・・・と、粘ってみたけどダメだった。卵巣取ってホルモンストップですからね。更年期ドライマウスが参戦してきて、痛みがさらにパワーアップしてしまった。


こちらも耳鳴り同様増し増しで盛り盛り。毎朝嫌な顔しながら起きている自分が、今非常に嫌で嫌でたまらない。



pexels-pixabay-60013
私の目覚めた時の口の中


いつだったかもう定かじゃないけど「これって私じゃん!」と、新聞の書籍広告欄で見つけた「口腔灼熱症候群」の文字。


「口腔灼熱症候群は〇〇で治る!~明日から口笛吹たくなりますよ♪~」のような踊った感じの見出しがついていたので、こりゃダメだ・・と思った記憶がある。


だって口腔灼熱症候群にまつわる書籍広告の両隣に「鼻から紅茶を飲んだらガンが消滅!」とか「猫を撫でまわすと原因不明の腰痛があっという間に解消!」みたいな書籍の広告も並んでいたから・・。


原因が知りたいし、病名ついたらいいなと(治療方法がみつかるから)思っていたけど、口腔灼熱症候群と言われたら、それはもうめんどくさくなる予感しかしない。


これって私じゃん!と思った口腔灼熱症候群は、きっと病院たらい回しにされる系なんだよなーとネット検索したら、やっぱり思った通りの代物だった。


【症状】
口腔の灼熱感・乾燥感・不快感・味覚の変化。医学的・歯学的に明白な原因がない。持続的で苦痛が長期にわたるため、QoL(生活の質)が低下することがある。口腔の粘膜に明らかな病変がないにも関わらず、常に舌の痛みを感じる。中高年の女性に好発する疾患。


トランプでいったら赤文字部分、ババです。引いた瞬間「うわ!でた!」ってなるやつです。


この「口腔灼熱症候群」なるやつを見つけた時、喋るのもままならない状態で夜な夜な枕を濡らしていた時期だったので、「明らかに病変がない」と書かれていたけど、えぇぃっっっ!っと勇気を振り絞って口腔外科に行きました。


口腔外科の先生は、私の貧血の有無も、顕微鏡で口の中の菌を調べてみることも、触診を試みる事もなく、目視確認のみで「舌痛症」と教えてくれた。


まあ明らかにパカッと開けた口の中がキレイだったからなんでしょうけど。おまけにカルテの生年月日も更年期で中高年の香りがプンプンしてるし。


「ネット検索したらなんて出た?」「あ・・こうくうしゃくねつしょ・・・」「ざんねーん!舌痛症でしたー!」


口腔外科の診察はクイズ形式です。



pexels-pixabay-256468
答えまちがっちゃった



舌痛症は、口の中の粘膜面に生じる原因不明の痛みで、純粋に舌の痛みを訴える疾患とするらしい。で、舌プラス口腔内全体に痛みの範囲が及ぶと、口腔灼熱症候群というのだと(Googleさん曰く)。


でも舌痛症の名の方が広く一般に知られているらしいので(Googleさん曰く)、舌痛症(口腔灼熱症候群含む)という言葉で診断下されたみたい。どうでもいいんだけどね。「ざんねーん!・・」と言われた時点で詰まれた感じですから・・私の口の中。


「口腔灼熱症候群のひとつに舌痛症がある」「口腔灼熱症候群と舌痛症は別の病気である」「舌痛症という病気はなく、舌の痛みは口腔灼熱症候群に含められる」という考え方もあるらしい。


だれか一念発起して研究してまとめろよ・・


原因不明だけど口腔内に異常があるわけではないし、命に別状もないから、きっと後回しなんだろうなと勝手に思う。


「治るかもしれないし、治らないかもしれない。うまく付き合っていくしかないね」というごくごく普通の診断を下されて、私の舌痛症人生はそこでストップ。


口腔内に変な潰瘍も腫瘍もびらんも何にもないなら、それは正常。よかったねと肩を落として病院を後にする。喜びたいけど喜べない正常で異常な口の中の痛み。


自分で頑張るしかないと教えられた。でもなんかしよーかなーという気にもなれず、そのうち痛みに慣れてしまったので、不快ながらもなんとなーく暮らせてしまった。要は放置。


でも卵巣取ったら状況が変わった。やだー!なにこれー!!になってしまったの。


貧血は治ったけど、中高年女性・更年期・卵巣摘出で「プラスマイナスゼロ。てかむしろプラス」のようなバージョンアップを遂げてしまった私の舌痛症(先生の診断を尊重しときます)。もうこの件に関しては、楽しみながら痛がることを決意した。


卵巣取る前の痛みでキープしていれば泣き寝入りしていたけど、今の痛みはそうはいかない。俄然やる気が出てきた舌痛症退治。(とりあえず今この瞬間はやる気満々です)


どうやら亜鉛がよさそうな感じがするので、手始めに簡単に始められる亜鉛のサプリメントから着手してみようと思う。


亜鉛でどうにかなるか?中高年女性の舌痛症。


さあ実験開始。乞うご期待でございます。まだ買ってないけどね。




詳細は後日改めて。




今週の100円サプリ